<< 余談3 | main |
誕生(最終回)
0
    ご無沙汰しておりました、山田です。実は、6月いっぱいでいち雄を退職しまして、報告が遅れてしまったことを、この場を借りてお詫び申し上げます。

    さて、僕は前回の日記にて「3月で卒業」と声高らかに発表しておりましたので、6月で退職したというのは、すなわち嘘をついたことになります。嘘はよくないですね。反省しております。

    しかしながら、釈明ではありませんが、気持ちの上では、いち雄の仲間として、今後も恩返しができればと思っています。

    その第一歩として、東京の「かんだ藪そば」さんにて、働かせて頂くことになりました。名門中の名門です。

    「藪そば」で働くことが、いち雄に対する恩返しというのは、一見すると論理飛躍かと思われますが、僕が世界一の蕎麦屋になったときにこそ、その意味が生まれてくるのだろうと思っています。

    どんな言葉にしても、皆さま、そしていち雄への感謝の想いは伝えきることは出来ません。

    あとは行動のみ、という態度は、マスターや大輔さん、ひいては我が両親の背中を見て「見習い」をした結果として身に付いた僕のストロングポイントだと自信を持って言えます。

    皆さまとのご縁も、こうして巡り会えたことを考えると、簡単に切れるものではないような気が致します。勿論、僕の行動が「裏切り」というかたちに映る可能性は否定出来ませんし、どのように感じて頂くかは自由です。

    長くなってしまいました。

    僕は自分のために、人生を選択します。

    結果として、それが他者の幸福に繋がるならば、僕としてもこの上ない喜びになります。

    24歳がくそ生意気なことをほざきましたが、そういうわけで今後とも、永遠の「見習い」山田哲大をよろしくお願い申し上げます。

    最後に、タイトルの「誕生」その意味は、両親への感謝を表したものです。両親のもとに生まれなければ、こんなに素晴らしい人生を歩むことは出来ませんでした。ここで言うことではないかも知れませんが。それでも、皆さまにこそ伝えたい気持ちでもありました。

    最後まで、まとまりませんが、本当に有り難うございました。いち雄、最高でした。

    山田哲大
    【2015.07.15 Wednesday 02:18】 author :
    | - | comments(2) | - |
    この記事に関するコメント
    人生何処で転機が訪れるか分かりません。
    長いようで短い人生です。悔いのない人生を送って下さい。チャンスを無駄にせず確実に階段を登って下さい。険しい道のりになろうとも…。
    人は字の如く人に支えられて生きています。自分を取り巻く様々な人々に感謝の気持ち、思いやりの気持ちを持ってこれから頑張って行って下さい。
    | K | 2015/07/16 9:37 PM |
    山田さんこんにちは。いち雄のWebとデザインを担当していたものです。
    あまりお店に顔を出すことができませんでしたが、山田さんのご活躍ぶりはスタッフのみなさんから聞いておりました。
    この度の門出に際しご挨拶もかねてコメントさせていただきました。長い間、いち雄日記をUPしていただきありがとうございました。
    神田やぶ蕎麦はお蕎麦の知識が乏しい自分でも存じております高名なお店ではないですか。不慮の災害も乗り越え、建物も新しく生まれ変わり賑わっていると聞いております。
    自分は群馬からほとんど離れないのですが、秋葉原に行く序があったら行ってみたいと思っていたお店です。
    新しい職場でも頑張ってください!ありがとう
    | H | 2015/07/17 1:09 AM |
    コメントする