<< テーマ募集 | main | 「晩婚」(第2回) >>
「花まつり」(第1回)
0
    早速テーマを頂き、ホッとしました。あろえさん、ありがとうございます。では、始めます。

    前の日曜日に、東京の新宿御苑というところを、都内に住んでいる友人と、桜を見ながら歩いた。雨が降り続いていて、花見日和とは到底いえない状態であったが、それにも関わらず沢山の観光客でにぎわっていた。東京で桜を見るには日曜日がラストチャンス、というムードがあったからかもしれない。

    話が脱線しないように、今日のテーマに移ろう。

    主題としては「花まつり」という言葉そのものに焦点を当てて、すこし考えてみたい。言うまでもなく、「花」と「まつり」を合わせて「花まつり」という言葉になるわけなのだが、なぜ人々はこの言葉を組み合わせたのだろうか。ややこしい話になりそうなので、はやい話、「相性が良かったから」だと結論づけたい。ではなぜ、「花」と「まつり」の相性が良いか。自分なりに考えてみたい。

    「まつり」の起源を辿れば、それは穀物の収穫祭あたりからの風習と考えるのが妥当かもしれない。しかし、今となっては、「まつり」=「イベント」と訳したほうが判りやすい。こういうとき、横文字は、とても便利だ。

    「花」はいろいろあるが、まあ、「桜」と訳せば問題はないだろうと思う。春以外に、花まつりから連想する季節がもしあれば教えてほしい。

    「花まつり」=「桜のイベント」かあ。普通だな。

    もう少し踏み込んでみよう。

    「イベント」とは何か。それは一言「非日常」だろう。普段の生活を離れて開放的な気分になれる、その束の間の幸福を、人は「イベント」と呼んでいるのではないかと思う。そして、人は定期的にこの「イベント」を欲している。なぜなら、変わらない日常にうんざりしているからである。世の中に閉塞感を抱いている人ほど、「イベント」の意味は大きいものになる。

    なるほど。

    日常から離れた「非日常」を求めている人々。
    一年のうちの、それも人々の気持ちが揺れ動く春の、ごく僅かな期間、まちを美しく「非日常」に染める桜。

    相性がいいわけである。

    でも、なんだか不純な動機になってしまった。論理というのは、深みにハマると本質を見失いかねない。

    最後に、直感を頼りに書いてみる。

    人と人は、互いに関係し合っている。人と自然もまたしかりである。しかし、その繋がりは目に見えるものではないため、普段は意識していない。そんなときに「桜」が咲く。「あ、久しぶりにあの人を誘って、一緒に桜を見たいなあ。」

    桜が大切な人を思い起こさせる。散りゆく花びらに、あの日の想いを重ねてみる。亡くなった人が、散りゆく一枚の花びらであったなら、人の一生はなんと美しく、はかないものか。

    「花まつり」とは、「大切な人を想う日」だ。

    花は美しく、人も美しい。きれいごとのようで、ほんとは素直な気持ちを、桜は僕たちに教えてくれるのだろう。



    新宿御苑の桜を見ながら、大切な人を想った気持ちを、日記を通じて素直に感じられました。

    山田哲大






    【2015.04.08 Wednesday 06:09】 author :
    | - | comments(2) | - |
    この記事に関するコメント
    テーマ 「晩婚」
    | えんどう | 2015/04/10 7:09 AM |
    普段考えることの少ないテーマで楽しかったです。ありがとうございました。
    | 山田 | 2015/04/11 7:21 AM |
    コメントする