<< 幸せとは | main | 10カウント >>
なんにもない
0
    「なんにもない」と自分のことを語れる人は勇気があると思う。

    だって、なんにもない人はつまんないって思われるから。だからみんな、組織に所属したり、或いは旅行をしたりして「なにかある自分」を形作っている。〜会社のぼく、〜へ旅行してきたぼく。自分にオプションを付けて、それをみんなが個性と呼ぶ。

    あの人は個性的ね、という。

    僕は、そんなの個性じゃないと思う。

    「なんにもない」といえる人の中にあるたしかな自信と、決して自分を大きく見せようとしないところに憧れる。

    僕らはときどき、必要以上になにかをしようとし過ぎるが、なんてことはない。どうせちっぽけな自分なんだから、無理をすることはないんだ。

    個性は、「なんにもない」人の内側から溢れている。それは、まるで太陽の光みたいで。

    僕の心は、まばゆい光に照らされて次第にかたちを変えていく。

    僕も、なんにもない人でありたいと思う。

    山田哲大

    【2014.10.07 Tuesday 05:09】 author :
    | - | comments(0) | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする